- MECHANISM 辛いむくみをふくらはぎの専門家が解説

ふくらはぎの専門家、せき接骨院の関博和先生にむくみについてお伺いしました。

血液の70%は下半身に集中!むくみの原因とは

むくみは、静脈のつまりやリンパの滞りなどが起こったときに現れます。全身を流れている血液の水分は、酸素や栄養素を動脈を通って運び毛細血管まで行き渡らせ、今度は静脈を通り、末端の老廃物や二酸化炭素を運び出します。
しかし、静脈のつまりやリンパの滞りが起きると、それが運び出されず、溜まってしまい、むくみへとつながるのです。
血液の70%が下半身に集中していますから、根本的な原因を解決し、その悪循環を断たなくてはいけません。
むくみを放置しておくと、全身の血流が悪くなり、体に不純物がたまり、内臓自体の機能も落ちていきます。どんどん身体の疲れがたまり頑張りたくても頑張れない、身体がついていかなくなるのです。

筋肉はむくみの救世主

では、その悪循環を止めるにはどうしたらよいか?そもそもむくみにくく、疲れにくい脚づくりをするにはどうしたらよいのか?

それは、留まった老廃物をただ流すだけでは根本的な解決とは言えません。溜まらないように血液を送り出す機能をつかさどるふくらはぎや足裏のポンプ作用をしっかり機能させることが大切なのです。
そのためには、ふくらはぎの筋肉をサポートし、無理な負担をかけないようにしてあげることが必要です。

現代の働く女性は、立ち仕事や、ヒールを履くことで脚を酷使し、ふくらはぎの筋力も衰えがちです。そのような状態がさらに脚の疲れを助長させ、筋肉が緊張することで硬直し、よりむくみやすい脚になってしまうのです。
また、一日の酷使した脚を放置して、そのまま寝ても脚の疲れはなかなか取ることができません。硬くなった脚を本当にほぐそうと思うと、毎日2時間くらいは揉まないといけない…という方もいます。脚のだるさや疲れは寝つきも悪くし、疲れが溜まる一方になってしまうのです。

足裏がゆがむと顔がゆがむ!?

そして、もうひとつ気を付けなくてはいけないのは、土踏まず。
土踏まずには重要な機能を持つ3つのアーチが存在し、それが崩れることで、身体のバランスが崩れ、姿勢が悪くなり、疲れやすく、血行不良、むくみへとつながっていきます。足裏は身体の土台。土台が崩れると、全身の筋肉が無理をして耐えようと力が入り、脚の疲れだけではなく、働く女性の多くが悩みを持つ肩こり、腰痛にもつながります。さらに、そのアンバランスが原因で顔がゆがんでしまうということも。小顔になりたければ、まずは足裏を整えることが大切なのです。
足の指先を締め付けるのもよくありません。3つのアーチを矯正しても足の指先が締め付けられることで、形が崩れ意味がなくなってしまうのです。そのため、足先がきつい靴下などを履かず、ゆったり締め付けないようにすることをオススメします。

20歳から年間1%の筋力は落ちている!?

年齢に合わせて定期的に適度な運動を行わないと、年々1%の筋力は落ちていきます。何もしないと、なんと40歳には20%の筋力が失われてしまうのです。
ふくらはぎと土踏まずの筋肉はつながっています。女性は男性より筋肉量が少なく、もともとむくみやすくなっています。なので、身体を支える土台の脚の筋肉が細いと、身体を安定させる力が弱く、重心バランスが崩れてしまうのです。それが影響してゆがんだ身体は硬直。そういったときには、しっかり脚を包み込むようにサポートするような着圧ソックスやサポーターを使用するのも良いと思います。
また、女性にありがちなのが脚の冷え。血管が収縮し、冷えたままだと、疲れも取れにくく、不眠の原因にも。寝る前にストレッチで筋肉や血管をほぐしてあげたり、寝るとき用の着圧ソックスを履いてふくらはぎを温め、ポンプ作用をサポートするのも効果的です。
ふくらはぎを温めることで、筋肉の緊張がほぐれ、血管が拡張して自律神経の副交感神経が優位になり、気持ちがリラックスするように働きます。
働く女性は頑張りすぎてしまう頑張り屋さんが多いです。身体を酷使している=筋肉を使っていると勘違いしている方も多いですが、使い方がそもそも間違っているのです。酷使しているだけでは筋肉は疲労して固くなり、その結果血行が悪くなります。そして、むくみやセルライトの原因となり下半身が太くなってしまうのです。筋肉は正しく動かして初めてポンプ機能は働き、身体の疲れを溜めずに、健康的な毎日へとつながります。では、お家でできる簡単なストレッチ&ケア方法をご紹介します。

自宅でできる簡単ストレッチ&ケア

日ごろから酷使しているふくらはぎや足を自宅で簡単ケアしましょう。
●ふくらはぎや足裏の筋肉が鍛える 尺取り虫歩き
手順
立った状態で足の指を尺取り虫のように動かして、足指の動きだけで前進します。
●指を広げるストレッチ
手順
1.足の親指の付け根と小指の付け根に左右の手の親指をそれぞれ当てて、
2.人差し指で足の親指と小指を外側に広げます。
●血液やリンパをほぐす ふくらはぎ絞り
手順
1.両手で輪を作るようにふくらはぎを包み込みます。
2.5本の指で絞るようにふくらはぎに溜まった血液やリンパを押し流していきます。
3.「締める」「ゆるめる」「移動」という動きをくり返す(足首から膝方向にかけて行う)ことで、体液が流れやすくなります。
ただ押したりもんだりするのではなく、この3動作を行ってください。
4.可能であれば「絞める」動作の時に足首を上下に5回くらい動かすと、より深部の筋肉に刺激が加わり効果的です。
●「足の三里」前脛骨筋への刺激
手順
1.自分の膝お皿の下に、人差し指から小指を4本そろえて当てます。
小指が当たるあたりの少し凹んだところが「足の三里」です。
2.少し強めに押えると、他とは違った痛みを感じるポイントがあります。
※何も感じない場合は、場所がずれている可能性があるので、
その周辺を少しずつずらしながら押さえてみてください。
●ふくらはぎに負担をかけない歩き方
手順
1.ひざはまっすぐにのばさず自然に曲げます。
2.踏み出した足は足裏全体で着地します。親指を意識して力を入れます。
3.反対側の脚は指で地面を蹴り出します。
自分に合った歩幅で歩きましょう

働く女性たちへ・・・

これからの日本をさらに良くするには、益々女性が元気に活躍できる世の中にならなくてはいけないと思います。
働く女性は美しく、元気でいて欲しいと思います。そのためにも、身体のケアはしっかりと行ってください。特に「冷え」に関してです。それも「ふくらはぎ」です。
私も医療業界に携わって約30年経ちますが、今まで診させていただいた患者様の中でも、30歳代から診させていただいた患者様も、60歳代になっています。その中でも、昔からスカートで過ごされ、身体の冷えの対策をしてこなかった患者様(すべてではありませんが)の多くが、60歳代になられてから、原因不明の身体の不調を訴えている方もいます。

働く女性がいつまでも元気でいていただくためにも、「ふくらはぎ」は大切にしてください。
そして、元気な女性の力で、これからの日本、世界を争いごとのない「笑い」と「笑顔」が絶えない世の中にしていただきたいと強く願っております。
関博和プロフィール
せき接骨院 & ぴゅあスリムプロポーション矯正センター院長。
1964年長野県岡谷市で生まれる。昭和60年柔道整復師免許取得。
平成2年長野県岡谷市にて「せき接骨院」開業。
カイロプラクティック、カサハラフットケア、各種整体法・筋骨格の矯正治療法、レイキ・氣功・ヒーリング等エネルギー療法を学び現在オリジナルの「ふくらはぎ波動バランス整体」で施術を行う。
  • 著書:『「ふくらはぎを温めるだけ」で全身健康になる!』講談社(2011/7)
  • 『病気になりたくなければ、ふくらはぎを温めなさい』講談社+α文庫(2014/1)
  • 監修本:『はくだけ、ふくらはぎを温めて“美”ダイエット』(芸文社:2012/2/16)
せき接骨院
URL:http://seki-sekkotsuin.com/